遊女の始まりと変遷

遊女と聞けば、時代劇などで登場する吉原などの遊郭の女性をイメージするかと思います。では彼女たちはいつの時代から存在し、どのように姿を変えていったのでしょうか?今回は遊女を時代事にその変遷をご紹介します。

遊女のルーツとは?

遊女はもともと神社などの宗教施設で遊芸を行う女性たちでした。つまり神様に巫女として使えて歌や踊りを奉納する女性たちだったのです。これは世界各地に見られる神殿娼婦と呼ばれるものと同じで、儀式の一環として性的なサービスを行っていました。この巫女達が神社などを離れて、各地で歌や踊りを見せて布教を行う一方で性的なサービスを行う用になったと言われています。

江戸時代以前の遊女

遊女に関するもっとも古い記述は万葉集の「遊行女婦」として登場し、平安時代には「遊女」という名前が登場します。この頃は、現在の大阪湾や淀川付近の船の出入りの多い土地に生活し、そこにやってくる旅人を客にしていたようです。平安時代の文章家の大江匡房はこの遊女に関する記録を「遊女記」に残しており、記録には大変な賑わいで船に乗った遊女が歌を歌って客をとっていました。

鎌倉時代前後には白拍子と呼ばれる遊女が登場します。歴史上登場する白拍子には、源義経の愛人だった静御前が有名です。彼女らも舞や歌を披露する女性たちで、中でも男舞と呼ばれる男装をした踊りを得意とする人たちでした。それまでの遊女とは違い、彼女らは貴族の屋敷に出入りすることも多く、知識が豊富な事もあって当時の権力者に寵愛された女性も多くいたようです。しかし、鎌倉幕府が成立すると、それまで自由業で行なわれてきた遊女は取締を受けるようになり、税の徴収も行われたようです。これは室町幕府以降も続きました。

江戸時代の遊女

近世になると遊女達はは公的に統制されるようになり、大阪や京都に遊女を集めた遊郭が作られます。江戸時代になると有名な吉原遊郭が生まれました。遊郭で働く遊女にはランク付けが行なわれ、最高位に太夫という名称が使われるようになります。彼女らはそれまでの遊女と同じように歌や踊りの他にも古典、書道、茶道、囲碁、三味線などの教養や芸事を仕込まれ、お客を楽しませていたようです。宝暦年間以降には吉原以外でも遊女と同じ姓的サービスを行う飯盛旅籠と呼ばれるものが生まれます。遊郭以外の宿場街で商売をしていた人たちが、旅人の泊まる旅籠屋として、泊り客に性的サービスを行なわせていたようです。これは幕府に認められない非合法なものでしたが、のちに制限をかけたうえで黙認されるようになりました。また、この時代の遊女には貧しい農民の身売りから遊女になった女性もいます。

遊女や遊郭は明治まで続き、1872年に芸娼妓解放令という人身売買を規制する法令が出されますが、その後も自由意志で営業しているということで状況は大きく変化することはなかったようです。しかし、さらに規制が入り、18歳以上の独身で親の許可を得て管轄の警察署に名簿を登録するなどの規制が生まれました。太平洋戦争後にGHQの政策や1957年の売春防止法により遊郭は消滅し、遊女も姿を消すことになります。現在は法律上、遊女は存在しませんが、遊郭の伝統や芸事は観光資源として残り、性的サービスは風俗嬢や風俗街に移っていきました。

Copyright(c) 2013 あなたの知らない意外なセックスの話 All Rights Reserved.