ラブホテルの休憩がどうして2時間なのか

セックスにまつわる平均値のお話をいくつかご紹介します。知っているようで知らなかった雑学。人間の体の不思議も改めて実感することでしょう。自分は普通なのか、それとも他の人と違うのか、それを見極める基準になるかもしれません。

サイズを気にする男性と気にしない女性

男性向けの雑誌などで、男性器のサイズが大きくなるアイテムなどの広告をよく見かけます。そのことからも分かるように、男性器のサイズを気にする男性は少なくありません。大きければ大きいほど女性を喜ばせることができると考えているようですが、実は女性は男性器のサイズをそれほど気にしていません。

それよりも清潔かどうかがとても気になるといいます。サイズを気にするよりも、不潔になっていないか、清潔を保っているかどうかを気にしたほうがよさそうです。ちなみに平常時の平均値は8.89センチ、勃起時の平均値は12.5センチだそうです。

前戯にどのぐらいの時間をかけるか

カップルによっても違うでしょうし、そのときの雰囲気によっても違うかもしれませんが、平均的に20分ぐらいが多いようです。実は10分の前戯と20分の前戯では、女性の満足度が大きく違ってくるようです。女性は前戯でしっかり体と心が満たされることで、セックスそのものの満足度が高まるようです。男性側が自分本位にならないことが大切です。

セックスを30分すると消費するカロリーは200kcal

セックスは運動と言われることもありますが、この消費カロリーの数字を見ると納得ですね。セックスの後に軽い疲労感を感じるのは、思っている以上にカロリーを少尉していたからなのかもしれません。

早漏ってどのぐらいの時間が平均的なのか

EDに比べると早漏は一般的のようで、男性の3人に一人が早漏を経験していると話しています。色んな研究がなされていますが、早漏は遺伝が関係しているという話もあり、早漏で悩んでいる男性にとっては「遺伝なら仕方がない」と答える人もいるかもしれませんね。深刻な早漏の場合は、挿入する前に射精が終わってしまうようです。

日本人の平均的なセックスの時間はおよそ100分

100分という数字を多いと感じるかどうかですが、前戯からフィニッシュまでを100分と考えた場合、ラブホテルの休憩時間が2時間というのも納得です。セックスと時間はそれほど関係がないようで、どんなセックスをしたのか、その中身が男性にとっても女性にとっても重要と言われています。

例えばセックスに満足した女性の体内ではテストステロンが活発に分泌されると言います。このホルモンが分泌されると、健康的で積極的なセックスをするようになるみたいですね。男性の努力次第で、より良いセックスライフを送ることができるというわけです。ちなみに余談ですが、ラブホテルという仕組みのコンテンツは、世界中を見ても日本にしかないみたいですね。

今回ご紹介したお話はどれも平均値です。その数字よりも小さい場合もあれば大きい場合もあります。ですから、数字ばかりを気にして悩んだり落ち込む必要はありません。自分とパートナーにとって、お互いが満足できるセックスライフを送ることができていれば、それが幸せの証ですからね。

Copyright(c) 2013 あなたの知らない意外なセックスの話 All Rights Reserved.