女性がプレセックスレスと向き合う方法とは?

現代は「セックスレスが当たり前」の時代と言えるでしょう。家族計画研究センターが2014年に調査した結果によれば、わが国の既婚カップルの44.6%が1ヶ月以上性生活を行っていません。未婚者を含めると、性体験のある男女の半数が、ひと月以上も「ご無沙汰」です。セックスをしないカップルがどんどん増えているのです。草食系の男性が増えたことや、生身の女性と接することを「面倒」と感じ、もっぱらオナニーで性欲を発散する男性が増えていることとも関係あるでしょう。

それに伴い、性生活に不満を抱く女性も増えています。「パートナーが抱いてくれない」ことを真剣に悩む人が多くなっているのです。そういう女性はどうしたらいいのでしょうか? 「夫婦の問題解決には話し合いが大切」などと言われますが、ことセックスに関しては必ずしもそうではありません。まずは、夫を観察することが大切です。夫には夫なりの、「セックスをする気にならない」理由があるからです。

どうしてレスになるのか?

セックスレスの理由については、男女ともに「仕事で疲れている」「面倒くさい」が多く、ストレスなどが原因で性に対する興味が失われていることがうかがえます。夫婦がお互いに「したくない」と思っているのであれば、さほど問題はないのかも知れませんが、どちらか一方だけ性行為を切実に望んでいれば、事態は深刻になります。特に女性の不満は離婚の原因にもなりやすいので、注意しなければなりません。

「面倒くさい」という人が多い要因には、性生活で十分な快感を得られていないという背景もあるでしょう。男女ともにテクニックや知識が不足しているのかも知れません。夫が「勃起不全」のために、できなくなるというケースも少なくないようです。そんなケースなら、バイアグラで解決しますので簡単です。

レスに悩む女性はどうする?

セックスレスに悩む女性が増えているのと同時に、「レスになりかけている」ことを悩む人も増えていることも問題です。ある日突然、性生活がなくなることはめったになく、ほとんどの場合、徐々に少なくなっていくものです。「月に1、2回しかない」「近頃減ってきた」と気にしているうちに、なくなっていきます。こうした「プレ」セックスレスの段階で手を打たないと、解消は難しくなるでしょう。

「夫を問い詰める」「自分の性的欲求不満を訴える」といった方法には、あまり効果はありません。夫は「責められている」と感じて心が離れてしまうリスクが高いです。まずは、自分自身でできることを考えるべきでしょう。性生活には、「環境」が大切です。「二人でゆったりできる時間はあるか」「彼は精神的に追い詰められていないか」などについて考えてみなければなりません。相手の心をほぐしてあげることができないと、話し合いにはなりません。心が通じ合えば、自然と体の交流もしやすくなるものです。

セックスレスに悩む女性は少なくありません。解決には「夫の力を借りる」のではなく、「夫に寄り添う」ことが大切でしょう。「男は女を抱くもの」「女は受け身で男を受け入れるもの」と考えていては解決しにくいものです。女は男をいやして「ヤル気」を起こさせるもの、と考えるべきでしょう。

Copyright(c) 2013 あなたの知らない意外なセックスの話 All Rights Reserved.