過激な避妊と堕胎の日々!江戸の遊女は妊婦ばかり!?

未婚の女性が男性と性行為をするときに、まずするべきは避妊です。現代に限らずセーフセックスは望ましいものでありましたが、今ほど科学的に発展していなかったため、方法はかなりひどいものでした。

おかげで遊女たちは想像を絶する方法で中絶をおこなっていたらしく、苦労もあったようです。避妊の参考にはなりませんが、昔の方法を知れば、今のセーフセックスの方法がいかに優れているかを感じることはできるでしょう。

不治の病にかかってこそ一人前!?消耗品のようにあつかわれた遊女たち

江戸時代の遊女たちがセーフセックスだったかと言えば、厳密にはNOと言えます。当時はコンドームはなく、遊女たちはほぼ確実に店に来る男性たちと生でセックスをしていたそうで、性病になる確率も高かったそうです。

おかげで梅毒になる女性も多く、長く生きることができる人はごくわずかでした。当然治療方法はまだなかったため、かかったら最後死ぬしかありません。もちろん遊女を通じて男性たちも梅毒にかかるケースもありました。

ですが遊女たちは、梅毒になることこそが「一人前の証」とされることもあったそうです。病気になることで死産になる確率が上がるので妊娠の心配がなくなるうえ、病気で弱っている姿が美しいと感じる人もいました。

おろしても育てても悲惨といえる遊女の子どもたち

上記のことからもわかる通り、遊女が妊娠することは「恥」という感覚があり、子どもを産むことはたいへん嫌がられたそうです。女性たちはあらゆる手を尽くして避妊や堕胎をおこない、それが原因で病気になることもありました。

有名な方法としては、薄紙を膣に詰める避妊や、冷たい水につかって堕胎するといったことが挙げられます。他にも水銀を飲んだり、生まれてすぐ赤子を殺したりするなどのやり方もあり、生んで育てるという選択はまれでした。

そして、もし育てることにしても、多くは遊郭のこまづかいとして働かされ、性別が女性だった場合は、成長すると遊女として働かされたそうです。加えて子を産んだ遊女は商品としての価値が低い、という風潮もありました。

性病があるのは今も一緒!セーフセックスをこころがけよう

一応薬による避妊、堕胎もあったそうですが、一般の人には高価過ぎて買えなかったらしく、多くの女性はかなり無茶な方法を試していたようです。おかげで身体を痛めてしまうこともあり、中には死ぬものもいました。

今ほど生活環境がととのっておらず、科学も未発達だった時代とはいえ、かなりひどいあつかいを受けていたのは明らかです。江戸時代とくらべれば、現代の性産業で働く女性たちの環境はかなり改善されたと言えるかもしれません。

ただ、衛生面が向上されたと言っても、やはりコンドームなどをつけずに性交をおこなうと、性病にかかる危険性があります。自分の健康をたもつため、そして相手を病気にしないためにもセーフセックスをこころがけましょう。

Copyright(c) 2013 あなたの知らない意外なセックスの話 All Rights Reserved.