貞操観念に縛られる

時代によって貞操観念はことなってきます。この日本では明治以前と以後ではこの観念が大きく変化しました。 もともと、日本人はあまり厳しい貞操観念を持っていませんでした。ですので、不倫が悪いことであるという意識を持っている人もほとんどいませんでした。

どうして不倫はいけないことなのか

現在では、不倫=悪という考えが持たれています。特定のパートナーがいるにも関わらず他の女性に手を出してしまうと、大きな批判を受けてしまうことになるでしょう。 しかし、この考えが日本に入ってきたのは明治時代です。 貞操観念はキリスト教圏の人達の持つ考えでした。日本にはそもそもこういった考えが存在すらしていませんでしたので、多くの人が当たり前に不倫をしていましたし、権力者であれば何人もの妻を持っていました。 現在の観念から考えると、歴上の人物に何人もの妻がいることに違和感を感じてしまいますが、これが本来の日本の男女関係の形でした。

不倫をすることのメリット

複数の女性と関係を持つことには多くのメリットがあります。不倫は悪いこと、という考えさえなければ、むしろデメリットなどないに等しいくらいです。 常に一人の相手としか関係を持てなければ、いずれはマンネリ化してしまい、充実した性生活を送ることができなくなってしまいます。
セックスができなくても日常生活には何の影響もない、と考える人もいるかもしれません。しかし、性欲をため込むということは、ストレスをため込むのと同じことです。発散することができなければ、心身ともに大きなダメージを負ってしまうことになります。 性欲は人間の基本的な欲求の一つですので、必ず解消しなければならないものです。 常に複数の女性と関係を持つことができれば、こういった問題に悩まされることもなくなるでしょう。

不倫を楽しむ余裕

また、不倫を楽しむことによって心に余裕が生まれます。一人の相手に縛られていては、息苦しくなってしまうでしょう。これもまた大きなストレスになってしまいます。 このストレスはさまざまな問題を引き起こしてしまいます。 自由にいろんな女性との関係を楽しむことができれば、ストレスもあまり感じず、充実した生活を送ることができるでしょう。 余裕をもって生きることができれば、もっと人生を楽しむことができます。

もし、不倫を悪とする貞操観念さえなければ、性に関するさまざまな悩みは解消されるでしょう。 もっと自由に性について考えてみてはいかがでしょう?

Copyright(c) 2013 あなたの知らない意外なセックスの話 All Rights Reserved.