性のタブー視

性に関する問題がタブー視され始めたのは明治以降だといわれています。それ以前の日本はもっと性に関してオープンな文化を持っていました。

時代によっては遊郭などが規制の対象となっていますが、これはタブー視しているためではなく、性病の蔓延を防ぐための対策の一つです。

実際に、当時の文学作品などを見ても露骨なセックス描写などが多く描かれていますし、絵画にも性的な表現が多く使われています。

当時の日本人は、性欲を人間の基本的な欲求としてしっかりと受け入れていました。ですので、これを恥とすることもなく、隠してしまうこともありませんでした。

性をタブー視する

現在では、当たり前のように、性はタブー視されています。性欲は恥ずべきものであるという風潮が強くなっています。

ちょっと性的な表現をすると、下品な人であるとみなされてしまいます。また、風俗などの性を取り扱うサービスへの偏見も強く、差別的な扱いを受けてしまうことも少なくありません。江戸時代の遊女なども差別的な扱いを受けることはありましたが、これは立場や身分によるものであり、性を取り扱っているからというわけではありません。

このように、今日の日本では性は決して表には出してはならないものとされています。

確かに性欲は存在する

どんなに隠したところで、性欲が消えてしまうことはありません。ですので、誰もがセックスをします。表に出ていないだけで、確かに性欲は存在しています。

ある程度までは理性で抑え込むことができたとしても、かならず解消する場所は必要となってきます。ですので、隠したり、差別的な扱いをしながらも、風俗は存在していますし、必要とされています。

現在の日本社会は性に関してこのような矛盾を抱えています。

知らないことから

あまりにも性について隠しすぎたために、中には、正しい知識を身に着けないままに大人になってしまうこともあります。

避妊などに関する知識がなければ、望まれない妊娠も増えてしまいます。

性について隠し続けた結果、現代社会では私生児の増加や性病の蔓延などの大きな問題を生み出すことになってしまいました。隠すことで存在を消せるわけではありません。その点と向き合うことができなければ性に関するトラブルを解決するは永遠にできないでしょう。

性をタブー視することで問題が発生しているにもかかわらず、この風潮は変化することがありません。

大切なのは、隠すことではなく向き合うことです。多くの人がこれに気付くことができればさまざまな問題を解決することができるでしょう。

Copyright(c) 2013 あなたの知らない意外なセックスの話 All Rights Reserved.