風俗のジャンル誕生の過程

同じ風俗でもジャンルによって収入も異なれば、仕事の厳しさもまったく変わってきます。また、適しているタイプも変わってきますし、世間的な扱いも変わってきます。 現在、風俗には多くの種類が存在しています。 それぞれのジャンルをよく知ることができれば、もっと風俗を楽しむことができます。また、風俗で働く女の子の視点から見れば、これをよく理解していなければ、風俗で長く働くことはできないでしょう。

風俗の歴史

そもそも、風俗が現在の形になった江戸時代の時点では、現在のようなジャンル分けは存在していませんでした。
遊郭という現在のソープがあっただけです。つまり、すべての風俗のルーツはソープとなります。 このソープから様々な派生型が生まれ、現在のように多くのジャンルの風俗が登場するようになりました。これはそれほど古い時代の話ではありません。1970年代以降のことです。

どうしてさまざまなジャンルが必要だったのか?

近代になると、次第に風俗が規制されるようになってきました。まだ一部の性病が死に至る病でしたので、風俗は性病の温床として規制せざるを得なくなってしまいました。 しかし、規制されたからといって、男性の性欲がなくなってしまうわけではありません。ですので、こういった規制をかいくぐる形でさまざまな派生型風俗が登場しました。 現在でも本番行為を行えるのはソープだけです。それ以外のジャンルでは抜くことはできても、セックスはできないようになっています。
つまり、本番はしない=合法といったルールのもとでさまざまなジャンルが登場しました。

さまざまな嗜好に合わせて

現在のジャンル分けは、男性のさまざまな嗜好に合ったものを選ぶため、という色合いが強くなっています。
疑似本番として登場した、さまざまな性サービスの形が利用客に支持されるようになり、一気に各ジャンルが成長しはじめました。 現在ではさらにジャンルが細かく別れ、さまざまなサービスを受けることができるようになっています。 中には、本家であるソープを凌ぐほどの人気ジャンルにまで成長したものもあります。

風俗は生き残るために形を変化させ続けていきました。各ジャンルはその変化の過程から生まれてきたものがほとんどです。 風俗で遊ぶ男性も、働く女性も、こういった背景を知った上で風俗街に足を運んでみるとちょっと違った景色に見えるかもしれません。 一見シンプルなようで、風俗の世界はとても奥が深いものです。

Copyright(c) 2013 あなたの知らない意外なセックスの話 All Rights Reserved.