常識を疑え!

戦国時代に多くの武将が男色へ走った理由を考えてみると、自分自身の持っている「常識」の不安定さとその意味のなさに気付くでしょう。当たり前に捉えていた常識を一度疑ってみることで、新しい世界が開けるかもしれません。

戦国時代の武将たちはどうして男色に走ったのでしょう? 彼らは一刻の主であり、権力者ですので当然女性にもモテていたはずです。しかし、多くの武将達が男色を楽しんでいます。 武田信玄だけでなく、織田信長や毛利元就といった有名な武将達も男色をたしなんでいたという記録が残っています。

現代の常識は通用しない

時代が変わると、人の考え方も大きく変化します。現代ではキリスト教圏である欧米諸国の文化による影響を受け、同性愛に対して否定的な意見を持っている人が多数派となっています。しかし、このような文化が入って来る以前にはむしろ同性愛を否定する側が少数派でした。こう考えると、多くの戦国武将が同性愛を楽しんでいたことにも納得することができるのではないでしょうか。 現代の常識だけが全てではありません。もしかすると、これから先の未来ではまた、同性愛が一般的なものとして受け入れられるかもしれません。 人の考え方はさまざまなものに影響されて簡単に変化してしまいます。 今「常識」として捉えているものが全てかならず正しいとは限りません。

理由も解らずに否定する

現代人の多くはその理由を知らなくても、それが世間的な「常識」であれば何の疑いももたずにそれを支持してしまいます。 同性愛を否定することに何か理由があるのでしょうか?おそらく、明確な理由を持っている人はほとんどいないでしょう。 生物学的に間違っているというのであれば、避妊だって否定しなければなりません。そもそも、セックスに快楽を求めること自体が否定されてしまうでしょう。 明確な答えを出すことができない以上はその「常識」は何の意味も持ちません。ただ、周りに合わせているだけのことでしょう。

何が正しいのか自分自身で判断することの大切さ

最終的に正しい判断は自分で下すものです。いちど世間の常識を疑ってみましょう。案外意味のないものばかりであることに気付くのではないでしょうか? 同性愛への否定にしても、性へのタブー視にしても、どれも意味のないものばかりです。意味もなく受け入れないことは、決して有意義なことではありません。

一度当たり前に信じて来た「常識」を疑ってみると、もっと視野を広げることができます。自分自身で考え方や行動の意味を考えることができれば、有意義な人生を送ることができるのではないでしょうか。

Copyright(c) 2013 あなたの知らない意外なセックスの話 All Rights Reserved.