危険な都市伝説

都市伝説は噂話として聞き流すことができれば、とても楽しいものです。しかし、これを信じてしまったがために問題が起こってしまうことも考えられます。危険を伴う都市伝説の扱いには注意を払うことが必要です。

セックスは常に多くの人の興味の対象となります。しかし、タブー視されることの多い性の世界は、ちょっとだけミステリアスな部分を持っています。 このミステリアスな部分を誇張することによって、都市伝説が誕生することもあります。

セックスの都市伝説

今や、都市伝説の一つのジャンルとして確立されているのが「セックスの都市伝説」です。これらは十代の少年少女の間で広まりやすい傾向にあります。性に対して強い興味をもっているものの、しっかりとした知識を持っていないことから、ちょっとした勘違いや妄想からさまざまな噂話が飛び交います。 その中でもとくに興味を惹くものや、ちょっと恐怖を感じるものが都市伝説となって広く広まって行くことになります。

避妊に関する都市伝説

避妊に関する都市伝説でもっとも有名なものは「セックス後に膣をコーラで洗浄すると避妊効果がある」といったものでしょう。しかし、これには何の根拠もありませんし、コーラで洗浄しても精子が死滅することはありません。 これは性の関する正しい知識の無さが生んだ都市伝説の一つです。中にはこれを信じて「コーラで洗えば大丈夫」と避妊をせずにセックスをしたことによって妊娠してしまった少女もいるといいます。 こういった噂は時には危険を伴うこともありますので注意が必要です。

病気に関する都市伝説

危険な都市伝説の中には「処女とセックスをするとHIVが治る」といったものがあります。当然これには何の根拠もありませんし、相手を感染させてしまうリスクがあります。この伝説を信じたHIV感染者が処女を狙う、なんて事件の引き金になってしまう可能性もあります。

都市伝説などの噂話は、話したり聞いたりして楽しむこともできますが、これを全て真実であるかのように語るのは危険です。 特に、性に関する知識の少ない子供はこれを真実として受け止めてしまうこともあります。出来る限り、危険を伴う都市伝説は語らないようにすべきかもしれません。

Copyright(c) 2013 あなたの知らない意外なセックスの話 All Rights Reserved.